財団の活動

小中高生と最先端研究者とのふれ合いの集い

次世代を担う小中高生に基礎科学の面白さや大切さを理解してもらいたいとの思いを込めて、年2回、「小中高生と最先端研究者とのふれ合いの集い」を全国を巡って開催する予定です。ノーベル賞受賞者の大隅良典理事長もできる限り出席します。

会場では、最先端研究者による講演に加えて、講演に関連した実験を実際に観察するなどの体験をしていただく予定です。講演は中高生レベルの内容が多くなりますが、小学生でも十分に楽しめる内容です。

2019年7月15日(月・海の日)10時半~16時 第3回「小中高生と最先端研究者とのふれ合いの集い」ポスター
場所:京都大学百周年時計台記念館

お申し込み多数につき、講演会の事前参加申し込みは締め切らせていただきました。
たくさんの方からの参加希望をいただきましたため、より多くの方にご参加いただけますよう、現在、時計台記念館内でのサテライト会場を手配しております。
サテライト会場の事前申し込みは、6月10日(月)午前10時より当ページにて受付開始予定です。
席数に限りがありますこと、ご了承ください。

2019年1月12日(土)10時半~16時 第2回「小中高生と最先端研究者とのふれ合いの集い」ポスター
第2回「小中高生と最先端研究者とのふれ合いの集い」実施報告
2018年6月3日(日)13時~16時 第1回「小中高生と最先端研究者とのふれ合いの集い」ポスター
第1回「小中高生と最先端研究者とのふれ合いの集い」実施報告